fc2ブログ
コロナの心配がゆるんだ新しい年にふくろう庵から
2024/01/18(Thu)
皆様、こんにちは!
コロナ感染の心配が少し緩んだ新しい年が始まりました。

今年は2019年1月以来、久しぶりのクルーズに参加しました。
にっぽん丸オペラクルーズ、二泊三日のショートクルーズです。
船の出る桟橋が横浜大桟橋から、ハンマーヘッドの桟橋に変っていて、おっちょこちょいの私はこれまでの大桟橋に行ってしまうという失態でした(>_<)(*^-^*)!

久しぶりの船の上での時間を楽しみました。
食住だけじゃなく全てに快適な空間、能登の被災地の方々を思うと申しわけないような気持にもなりました。


スポンサーサイト



この記事のURL | 花と木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の花サルスベリ
2023/09/08(Fri)
サルスベリ
この記事のURL | 花と木 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
天涯の花 キレンゲショウマ 朝ドラの花
2023/08/19(Sat)
コロナ、母の死、親友の闘病と死、次々と身辺を騒がす出来事。
この数年パソコンを開く機会から遠ざかり、WEB検索はもっぱらスマホに頼る日々でした。

ITの世界はどんどん新しくなり、私のHPにあったブロブや掲示板のサービスは、終了したり、様式が変化したり。
さて、コロナが落ち着いた機会に私も身辺整理。
ブログ復活です。

先日、朝ドラで目にしたキレンゲショウマ
ああ!これこれ!懐かしいこの名前の響きに記憶がよみがえります。

山野草の大好きな私は、まだ見ぬ花、このキレンゲショウマに魅かれ、
数年後、苗を見つけ、ふくろう庵の庭に植えたことがあります。

この花の存在を知ったのは、宮尾登美子氏の『天涯の花』
小説の舞台は四国の山深い人里、祖谷の里。
ここに咲くというキレンゲショウマでした。

tengainohana.jpg

庵の庭に植えたキレンゲショウマ
今は、消えてしまってありませんが、小説との出会いから始まった美しい花との出会いを
大切に思います。

祖谷の里、どんなところだろうと、この地に思いを巡らせました。
その後、箏曲のなかに『祖谷の里』があることも知り、
その作曲家ー菊川澤子さんとweb交流させていただいたことがありました。




この記事のURL | 花と木 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
花がいっぱい
2019/01/09(Wed)
クリスマスの日にいただいたお花。アレンジメント、二つ 。

花瓶に、生けなおして愉しんでいます。

DSC_0212.jpg
さて。どこに飾りましょうか。

年末のガーデンショップのセールで買い求めたシクラメンは玄関先でよい香りを漂わせています。

3階ベランダで実ったイチゴ。葉っぱの陰に見つけました。

DSC_0163.jpg
この記事のURL | 花と木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お料理の会~パーティー料理~
2018/11/14(Wed)
月に一度開いているお料理を楽しむ会。
先月は、素人ばかりで、ワイワイ!ああかな?こうかな?
今月は先生を迎え、少し時期は早いですがクリスマスのお料理、パーティーメニューをお願いしました。

☆リースミートローフ
☆クリームシチュー
☆パエリア
☆パセリサラダ
☆ココアケーキ
DSC_0042.jpg

DSC_0027.jpg

DSC_0024.jpg

お料理はたのしいですね。










この記事のURL | お料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ