スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バラの季節・次の出番はどの種類?
2016/05/06(Fri)
たくさんの花をつけてくれたナニワイバラは,ほぼ、花はお終いです。
次の出番はどのバラでしょう。
蕾を膨らませた幾種類かのバラが少しずつ出番です。

P5060024.jpg

ベランダ菜園のいちごと玄関先のツルバラ・アルベリック・バルビエです。
バルビエは日陰でもよく育つツルバラ。つぼみのときは黄色っぽくみえますが、花を開くと白です。
ナニワイバラの剪定中に誤って切ってしまい花瓶に((+_+))!、
スポンサーサイト
この記事のURL | 花と木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツルバラの剪定
2015/01/19(Mon)
午後の朗読の会がお休みになりました。
さあ、そそそろと思っていたツルバラの剪定作業を始めることにしました。

クルーズでお出会いしたご夫妻が蔓バラを愛でている方々でした。
本格的な剪定の方法をお聞きしました。
バラの葉っぱをみんな落とす。
ツルをいったん巻き取ってから、枝を支柱に張り巡らしながら紐で結んでいく・・・。

美しいたくさんの花をつけさせるには、薬かけ、肥料やり、・・・と、1年を通してバラの作業は続くのですね。

そこまでできませんが、私にできることを。
ゴム・皮の手袋をつけ、剪定ばさみと小さなハサミの2つを使って作業を始めました。
玄関の窓際の花壇で伸びたナニワイバラと、もう一つ、名前のわかった白いバラ・アルベリックバルビエが蔓を伸ばしています。
部屋(スタジオ)の中から、窓を開け、チョキチョキ!
切り取った枝を小さく裁断して、新聞紙を入れたゴミ袋に。
気を付けていたはずですが、手の甲にバラのトゲで傷を作ってしまいました。
ナニワイバラのトゲの鋭さ・・・・きっと、泥棒もひるむでしょうね。
この記事のURL | 花と木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の草花
2014/09/15(Mon)
庵との道中、秋の草花が咲いています。
あぜ道の彼岸花がにょきっと花穂を伸ばし花をつけ始めました。
庵の庭にも、白い彼岸花が1本。

白い彼岸花

川べりのススキも穂を出しました。

川べりのススキ


ロビンガーデンで秋の花を4種買ってきました。
こうして、かごに入れてしばらく楽しんだ後、庭に植えこみます。

秋の花の寄せ植え

白い桔梗、野紺菊、オオイヌタデ、白いフジバカマ。
この記事のURL | 花と木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菴羅樹(あんらじゅ)
2014/07/04(Fri)
奈良の旅で目にした樹木。
青い実をつけたその木には「菴羅樹」という名札がかかっていました。
葉や幹は我が家にあるカリンにそっくり。我が家のカリンには今、青い実がついています。
そのカリンに比べると、「菴羅樹」は、葉っぱも実も、少し小さめでした。
(同じ仲間だな・・・)そんなことを想いながら・・・。

WEB検索してみると、・・やはり、仏教に関係する樹木らしく、カリンの原種のようです。
「沙羅双樹」と同じように。

実は、こんな気になる花木を見つけた時はいつもカメラを向けるのですが・・、
残念!落として壊れてしまっていて・・・。

ホテルまでの帰路、奈良公園内を歩いているとき、白い花をつけた見事な「沙羅双樹」シャラの木(夏椿)を見かけました。ほんとうに美しくて(うわあ!きれい!)、感嘆の声をあげていました。
また、今の時期に、奈良を訪ねよう。このシャラの木に会いに。元興寺のキキョウにも。

奈良のお寺は、京都とは違った別の魅力がありました。




この記事のURL | 花と木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベランダ菜園~食べきれないほど~
2014/05/13(Tue)
毎日、朝夕2回、ベランダで育つ野菜を採ります。
ベビーリーフの種から育った葉物野菜は、毎日の食卓に重宝します。
生野菜サラダとして、おいしくいただいています。
何種類かの種を蒔きましたが、成長は速く、次々と葉や茎を伸ばしているのです。

ちょっと失敗したのは、もう少しずつ種を蒔けばよかった・・・と。
一度に、成長しすぎて食べきれないのです。

ベビーリーフの種を蒔く前に蒔いた二十日大根は食べきれなくて、ついに花が咲いてしまいました。
何株かは、種を採るのに残し、他の株は抜きました。抜いた株は、柔らかそうなのだけ煮てみました。
そして、今、ベビーリーフの一種も花が咲いています。
芯はかなり固く、今日も、やわらかい葉の部分だけ摘み取って食卓へ。

トマトは青い実がなりだしました。

P1160930.jpg


それにしても、自分で育てた野菜は、特別美味しいで~す。
この記事のURL | 花と木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。