FC2ブログ
モグラさん、静かにしてて!
2010/09/20(Mon)
秋の訪れとともに、庭のモグラが活発に行動を始めたようです。
石畳の踏み石の石と石の間、土がモコモコ盛り上がっています。
植栽の根元にはモグラの通った穴?!小さな花苗の根元が持ち上がって・・。
これで、雨が少なく根っこがカラカラになってしまうと、根っこを切られた花は枯れてしまいます。

P1070691.jpg
P1070693.jpg

モグラだけじゃありません。玄関先には、こんな・・
P1070697.jpg
さて、白い綿毛を身にまとった毛虫は、ヤマボウシの枝に発見・・・・え?!もしかすると、あのキキョウの敵・にっくきクロウリハムシの幼虫?!
P1070679.jpg
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | ▲ top
レモンちゃん
2010/01/03(Sun)
今回も、セキセイインコのレモンちゃんを車に、娘家族がやってきました。
おしゃべりも上手になったレモンちゃん。すっかり、家族の一員です。

小学2年生のケイタ君がそのレモンちゃんを主人公に5コマ漫画を描いていました。
P1050451.jpg

keita1.jpg

keita3.jpg

keita2.jpg
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
竹製バードコール「おとくに竹遊びの会」
2008/10/25(Sat)
京都西山に私が住む長岡京市はあります。山の荒廃が問題になっているのは、日本全土、どの地でもそうなのですが、里山再生のために、長岡京市でも、市民がいろいろな運動に取り組んでいます。
今日は、市民活動サポートセンターの年に一度のお祭りでした。

パソコンサポートE?owlもこのフェンスタに参加しました。パネル展示と、パソコンを1台持ち込んで活動紹介をしました。広場ではブラスバンド演奏、模擬店、フリマ、歌など。
パネル展示会場には、様々な活動をしている団体の展示がありました。
中でも、西山の自然を守るための取り組み、西山の竹林の整備、自然と親しむための企画など、たくさんのボランティアの人たちが熱く運動に関わっていることがわかります。

間伐した竹を使っての製品の中で、特に興味をそそられたのが、このバードコールです。
金属のネジを回すと、小鳥のさえずりのような響きが聞こえます。
作られた「おとくに竹遊びの会」の方のお話では、ウグイスは、これを聞くと、かならず鳴いて反応するそうです。自分の縄張りによそ者がやってきたな?と、とびきり大きな声で鳴き返すととか。

1個、譲ってもらいました。庵で、ネジをきゅきゅっと・・(*^_^*)!
バードコール
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドクダミ化粧水
2008/06/19(Thu)
庵の庭、石垣、・・ドクダミの白い花が咲き出しました。
車を走らせ、小雨の中で、ドクダミを刈り取ってきました。
水洗いしたあと、水気を取るために、逆さに吊して、一晩置きます。
明日は、葉っぱだけをちぎり取って、ガラスの広口瓶に押し込みます。
その上から、ホワイトリカーを注ぎ、そのまま、冷暗所に。簡単な作業です。

1年後、ちょうど、また、ドクダミが白い花をつける頃になると、ドクダミ化粧水の原液が出来上がります。後は、それを小分けして、色々な物をプラスして、自分の好み・用途に応じたものを作ります。
こうして、1年に一度、作業をすることで、手作りの化粧水が常備できるのです。

実は、実際に、自分で作るのは今回が初めてなのです。
知人が作ったものをいただいていました。

ドクダミ化粧水のこの原液が、蜂刺され・虫さされにも効果があることを知りました。
P1000476(1).jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旬の味・タケノコと蕗
2008/05/08(Thu)
自宅・庵のある京都府乙訓地方は、タケノコの名産地です。
このシーズン、道路脇などではタケノコを売る風景が見られるようになります。
特に長岡京天満宮の池端には、全国的に名の知れたお料理やさんがあり、お膳にはタケノコづくしのお料理が並べられます。

P1000164(1).jpg
今年も、掘りたてのタケノコをいただきました。よく手入れされた竹藪から掘り出されたタケノコは柔らかくて、春の恵みをその香りとともに運びます。
コールポップスの団員のお一人が、今年も軽トラにタケノコを積み込んで運んでくださいました。
糠もいっしょにいただけるので大助かり。帰宅するとすぐに茹でました。
「糠をお茶の葉を入れるパックに入れて鍋に・・そうすると後の片付けが楽よ!」
お仲間に教えていただいたとおり、2パックに糠を分けて鍋に。
いただいたタケノコを茹でました。甘皮のところもいっしょに。
木の芽(サンショウ)は、庵の庭から。
庭に大きく育った蕗も収穫。
春の恵みを存分にいただきました。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ