スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヘルマンヘッセ著「庭仕事の愉しみ」
2016/11/01(Tue)
秋は庭仕事がいっぱいあります。
自宅ベランダの花や野菜の世話、玄関先の花木。

日曜日は庵で過ごしました。
山の家・庵の庭に出ていると、心の中のモヤモヤ、哀しみ、何もかもから離れて静かな時を過ごすことができます。

最近、こんな本を見つけました。
あの「車輪の下」の著者、ヘルマンヘッセの「庭仕事の愉しみ」です。

PA170033.jpg


表紙にある「庭仕事とは、魂を解放する瞑想である」の言葉に私はうなづいています。
ヨガの瞑想、座禅に似て・・・。

庭に見つけたきのこ。
このキノコは何?<br /><br /><br /><br /><a href=PA170033.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 庭仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。